ドラムサークル ロゴ
インスパイア・ドラムサークルでは、楽器を用いて、人の可能性を引き出すリーダーシップ&チームビルディング研修を行っています。
 ドラムサークル・トップページ ドラムサークルとは?
【ドラムサークル】
ドラムサークルとは?
ドラムサークル開催履歴
ドラムサークル開催相談
ドラムサークル関連の本

■ドラムサークルとは?

 パーカッション(打楽器)を持った多数の人々が
 輪(サークル)になって、
 ファシリテーターの指示を活用して、即興でアンサンブルすること。
 年齢・性別・楽器のキャリアを問わず、
 誰でも参加できるので、世界中に広がっている。


■ドラムサークル・ファシリテーターとは?

 「ファシリテート(facilitate)」とは、
 「容易にすること・楽にする」という意味。

 創始者のアメリカ人、アーサー・ハル氏によって
 ハワイほか世界中で養成講座が開催されていて(日本では毎年1回)
 ドラムサークル運営の基礎を学ぶことができます。

 ファシリテーターの役割は以下です。
 ・グループが自分でも意識していなかった可能性を引き出し、
  コミュニティ・ドラムサークルとして機能するように導く。
 ・参加者が自分たちの経験を通して、ドラムサークルを
  成功させる要素を学べるように指導する。
 ・異なるピッチやタンバー・グループを、1つのオーケストラになるよう指揮する。
 ・参加者の盛り上がる熱気と相乗作用を、
  スピリットを分かち合えるところまでガイドしていく。
 ・グループが、彼らの持つリズム的可能性を最大限に発揮
  できるよう、インスピレーションを与える。

■ドラムサークルの効果

 ・楽器ができないと思っている人、リズム感が無いと思っている人も
  安心して音を出して楽しめる。
 ・いろいろな打楽器(用意します)に触れることができる。
 ・その時参加したメンバーにしか起き得ない音楽が創り出せる。
 ・音によるストレス解消、ヒーリングが起きる。
 ・音・振動によるリズム・マッサージ効果がある。

■「ドラムサークル」ファシリテーター :プロコーチ資格を持つファシリテーターとしては日本初。 
青葉 航
Aoba Wataru
インスパイア代表
プロ起業コーチ
ドラムサークル・ファシリテーター
NLPマスタープラクティショナー
1972年生まれ、早稲田大学商学部卒。
中小企業支援のベンチャーキャピタル、ブランドライセンス商社、コンサルティング会社の社長を経て、プロ起業コーチとして独立。
1997年以来、学びと交流のためのさまざまな会を630回にわたって主催、のべ6300人を超える参加者を集めている。
ドラムサークルは2006年1月より計14回主催し、子どもから大人までのべ435名にファシリテートしている。

ドラムサークル・トップに戻る